米朝首脳会談の「成功」に浮かれる北朝鮮で、金正恩党委員長にとって頭の痛い問題が持ち上がっているもようだ。

平安北道(ピョンアンブクト)の情報筋が米政府系のラジオ・フリー・アジアに語ったところよると、最高司令部(朝鮮労働党中央委員会)は軍の各部隊に対し、「党の政治事業を強化し、すべての幹部と兵士がみだりに平和の幻想を持たないように思想教育を強く推し進めよ」との指示を下した。

南北首脳会談と米朝首脳会談のニュースに接した兵士たちが、平和がひとりでにやってくると思い込み、戦闘準備をおろそかにしたり、規律が緩んだりすることが起きないようにするためのものだという。

そうでなくとも、朝鮮人民軍(北朝鮮軍)の規律はメチャクチャになっている。食料が横流しされて兵士らは餓死の危機に瀕しており、部隊内では窃盗や性的虐待が横行。

(参考記事:北朝鮮女性を苦しめる「マダラス」と呼ばれる性上納行為

兵士が最前線で韓国に亡命する事件も頻発している。

(参考記事:必死の医療陣、巨大な寄生虫…亡命兵士「手術動画」が北朝鮮国民に与える衝撃

韓国と米国に非核化を約束した金正恩氏にとって、軍の規律はより重要になっている。核兵器という「切り札」が使えなくなる以上、安全保障で頼れるのは軍の一般部隊以外になくなってしまうからだ。

ところが、軍の現場は、上からの指示を守ろうとしない。情報筋によれば、各部隊では、思想教育の計画は立てるものの実行していないか、実行するふりをしているだけの場合が多いという。下級部隊の指揮官の間では、中身のない指示を乱発するだけの上層部に対する不満がたまっているとのことだ。

それはそうだろう。「腹が減っては戦もできぬ」という言葉通り、北朝鮮軍の現場は思想教育どころではないのだ。北朝鮮当局が最近、中国から大量の食糧を調達しているとの情報があるが、それも軍の兵士らを餓死から救うためだとされる。しかし、餓死しない程度の食糧があったところで、軍の状態を正常に保つのに十分であるとはとうてい言えない。

そう考えてみると、非核化を最大の議題とした南北首脳会談や米朝首脳会談は、金正恩氏にとってやむにやまれぬ選択であったのかもしれない。

(参考記事:独占入手!中国軍に制圧・連行される「北朝鮮脱走兵」の現場写真

高英起(コウ・ヨンギ)

>>連載「高英起の無慈悲な編集長日誌」一覧

1966年、大阪生まれの在日コリアン2世。北朝鮮情報専門サイト「デイリーNKジャパン」編集長。北朝鮮問題を中心にフリージャーナリストとして週刊誌などで取材活動を続けながら、テレビやラジオのコメンテーターも務める。主な著作に 『脱北者が明かす北朝鮮』 『北朝鮮ポップスの世界』 (共著) 、 『金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔』 『コチェビよ、脱北の河を渡れ ―中朝国境滞在記―』 など。

脱北者が明かす北朝鮮 (別冊宝島 2516) 北朝鮮ポップスの世界 金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔 (宝島社新書) コチェビよ、脱北の河を渡れ―中朝国境滞在記