韓国の康京和外相は18日、就任から1年を迎えて行った記者懇談会で、北朝鮮に対する制裁解除の時期について「北が実質的な非核化措置を取るまで制裁が維持されるべきだとする大きな方向性では(米国と)同じ立場だ」と述べた。

康氏は同日午前、ポンペオ米国務長官と電話で話し、こうした立場で改めて一致したもようだ。