米プロバスケットボール(NBA)の元スター選手で北朝鮮の金正恩党委員長の「親友」でもあるデニス・ロッドマン氏が12日、米朝首脳会談の実現を喜び、米CNNのインタビューで号泣した。(参考記事:【動画】ロッドマン、米朝首脳会談を喜び号泣

ロッドマン氏は首脳会談に合わせ、11日にシンガポール入り。CNNの生中継で「これはすべての人にとって偉大な日だ。シンガポールにも、東京にも、中国にも、全てにとってとても幸せなことだ!」などと述べた。

あふれる涙と感情の高揚を隠さないロッドマン氏にキャスターも困惑。ロッドマン氏は「金正恩は大きな子どもだ。でも、バカな男ではない。米国にも来たがっていて、良い人生を送りたがっている」などと語った。

ロッドマン氏はまた、北朝鮮を訪問して以降、一度ならず脅迫を受けたとも明かした。