北朝鮮の金正恩党委員長とトランプ米大統領による史上初の米朝首脳会談が12日午前9時過ぎ(日本時間同10時過ぎ)、シンガポールのセントーサ島にあるカペラホテルで始まった。

トランプ氏は冒頭、「良い対話が行われると思う。大成功するだろう」「われわれは大変素晴らしい関係を築けると思う」などと述べた。

金正恩氏は「ここまでの道のりは容易ではなかった。われわれの足を引っ張る過去があり、誤った偏見と慣行がわれわれの目と耳をふさぐことがあったが、すべてを乗り越えここまで来た」と発言。トランプ氏は「その通りだ」と応じた。

両氏は通訳だけを交えて会談した後、側近を交えた拡大会合を実施。続いて昼食会へと移り、日本時間の午後5時頃から記者会見で会談結果を発表する予定。