北朝鮮国営の朝鮮中央通信は8日、朝日新聞と同紙ソウル支局長を名指しし、北朝鮮と金正恩党委員長のイメージを傷つける報道に対しては「必ず高価な代償を払わせる」とする論評を配信した。

朝日新聞のソウル支局長は、北朝鮮問題で「特ダネ」を連発していることで知られる。最近では、北朝鮮国内で4月、金正恩氏が涙を流す場面を収めた記録映像が上映されたとする記事が同紙5月30日付朝刊の1面トップで掲載された。

論評は、同支局長が「われわれの最高の尊厳をあえて冒とくし、朝鮮を悪らつに誹謗、中傷した謀略記事を書いた」としながら、具体的にどの記事が「謀略記事」に当たるか明示していないが、金正恩氏に直接言及した内容が北朝鮮当局を刺激した可能性がある。

同通信は、この機会に「日本の対朝鮮謀略家と『朝日新聞』に厳重に警告する」として、「わが国家の尊厳あるイメージをダウンさせようと愚かにのさばる者に対しては、島国に住もうと、大洋向こうのどこにいようと絶対に許さず、必ず高価な代償を払わせるであろう」と威嚇した。論評の全文は次のとおり。

謀略ほら―「日本疎外」のもう一つの要因 朝鮮中央通信社論評

【平壌6月8日発朝鮮中央通信】先日、日本の悪名高い御用記者である「朝日新聞」ソウル支局長の牧野愛博なる者がまたもやわれわれの最高の尊厳をあえて冒とくし、朝鮮を悪らつに誹謗、中傷した謀略記事を書いた。

人間のくずのたわごとで一貫したこの汚らわしい謀略記事を「朝日新聞」東京本社が掲載する醜態を演じた。

今、わが人民はとんでもない謀略世論を流している牧野をはじめ日本の保守論客と言論に対するこみ上げる憤怒を禁じ得ずにいる。

人間のくずの口を借りてわれわれの尊厳と体制を悪らつに謗り、わが経済と人民生活を誹謗、中傷する牧野と「朝日新聞」の卑劣な謀略宣伝は今回が初めてではない。

牧野と言えば、李明博、朴槿恵「政権」の時期から米・日・南朝鮮の諜報、治安当局にへつらって謀略情報を受け取ったり、いわゆる「脱北者の証言」だの、何のというものを作り上げ、悪用して対朝鮮謀略宣伝を悪らつに強行してきた御用売文家である。

特に、ソウル支局長という職に就いた牧野は、朝米会談に関連するとんでもない謀略記事を書いて南朝鮮の民心の憤激をかき立て、南朝鮮当局から内外報道機関のうち、初めて「青瓦台記者室に対する無期限出入り禁止」処罰まで受けた者である。

牧野と彼に便乗した「朝日新聞」の妄動は、朝鮮半島に醸成された民族的和解と情勢緩和の雰囲気を阻んでみようとする断末魔のあがきとして、日を追って「日本疎外」で不安がり、いらいらしている安倍一味のそそのかしの下で繰り広げられる対朝鮮敵対行為の一環である。

まさに2カ月前、「朝日新聞」は安倍政府の頻繁になる対朝鮮言動について、北朝鮮を中心に広がっている北東アジア地域の外交熱風の中で孤立されないかと憂慮している、一人残されていることに対して国民が憂慮していると報じたことがある。

結論は、明白である。

こんにち、日本が国家政治から社会、言論、人間に至るまで内外の不信と排撃を受けて「疎外」に陥るようになったのは牧野と「朝日新聞」のような売文家、えせ言論の「寄与」も少なくないと見られる。

世界が驚嘆するわが共和国の戦略的地位と社会主義強国を建設するための朝鮮人民の滔々たる進軍に泥を塗ってみようとする汚らわしい謀略ほらに耳を傾ける人はどこにもいない。

下手に作り上げた資料を持って犬のように吠えている牧野やこのような連中の記事を掲載することで命脈を維持していく「朝日新聞」の境遇が実に哀れである。

われわれは、今回の機会に牧野をはじめとする日本の対朝鮮謀略家と「朝日新聞」に厳重に警告する。

わが国家の尊厳あるイメージをダウンさせようと愚かにのさばる者に対しては、島国に住もうと、大洋向こうのどこにいようと絶対に許さず、必ず高価な代償を払わせるであろう。---

    関連記事