北朝鮮の金正恩党委員長とトランプ米大統領による米朝首脳会談が、シンガポール南部のリゾート地・セントーサ島の高級ホテル「カペラホテル」で開かれることが決まった。5日、サンダース米大統領報道官がツイッターで明らかにした。会談は12日午前9時(日本時間午前10時)に開始される予定となっている。

シンガポール政府はこのほど、10日から14日まで都心の「シャングリラホテル」周辺を特別行事区域に指定したのに続き、5日にはセントーサ島全体とその一部周辺を特別行事区域に追加指定した。

セントーサ島は全長約700メートルの橋やケーブルカー、モノレールなどシンガポール本島とつながるルートが限られており、警護対策上、管理のしやすい立地となっている。シンガポールの地元メディアなどでは、「シャングリラホテル」または「カペラホテル」のいずれかが首脳会談の会場となるとの見方が出ていた。