2014年4月、ロンドン西郊の理髪店が、耳の上まで刈り上げた髪形でにっこり笑う北朝鮮の金正恩党委員長の顔写真を客引き用のポスターに使ったところ、北朝鮮の外交官らが押しかけて撤去させた事件があった。この前後、北朝鮮では若い男性が金正恩氏と同じヘアスタイル、通称「覇気ヘア」を強制されているとの情報が出ていたこともあり、「ロンドン理髪店襲撃」は一瞬だが世界的な話題になった。

(参考記事:北朝鮮「男は黙って覇気ヘア」逆らえば「無慈悲にバリカン虎刈り」

日本のアニメにハマり…

このとき、理髪店に押しかけた外交官は2人。そのうちの1人が、後に韓国に亡命した太永浩(テ・ヨンホ)元駐英北朝鮮公使だった。太永浩氏は韓国で出版した自叙伝『3階書記室の暗号 太永浩の証言』(原題)の中で、このときのエピソードを明かしている。

それによると、ポスターには「Bad hair day?」「男性客は15%割引!」と書かれていた。「Bad hair day?」とは、日本語で「ついてない日?」といった意味だという。

太永浩氏は、これを発見した同僚を伴って現場に向かい、理髪店主の視野に入る位置から、店の外観とポスターを写真と動画に収めた。店主が緊張の面持ちで見守っているのを確認すると、太永浩氏らは店内に入り、威嚇を込めた語調で言った。

「アナタは、あのポスターの写真がどなたのものかわかっているのか?朝鮮の最高指導者、金正恩元帥であらせられるぞ!われわれは朝鮮民主主義人民共和国大使館の者だ。朝鮮は、最高尊厳(金正恩氏)を愚弄する相手とは戦争もいとわない国だ。アナタはよく知らずにやったのだろうが、すぐにポスターをおろせ。そうしなければ、アナタはその結果に全面的な責任を負うことになるだろう!」

 この言葉を聞き、店主は体を震わせながらポスターを下したという。それはそうだろう。この時期すでに、金正恩氏は叔父である張成沢(チャン・ソンテク)氏を処刑するなど、恐怖政治を本格化させていた。一部の処刑は衛星写真でその場面が捉えられ、海外でも報道された。理髪店主が恐怖を感じるのもムリはない。

(参考記事:「家族もろとも銃殺」「機関銃で粉々に」…残忍さを増す北朝鮮の粛清現場を衛星画像が確認

 太永浩氏によれば、店主は「テロに遭う可能性」を考え、警察に相談したようだった。一方、太永浩氏は当時も今も、この店主に申し訳ない気持ちでいっぱいだという。同氏は本にこう書いている。

「英国では、女王であれ首相であれ、誰の写真でも広告に使う。しかし北朝鮮の外交官の立場としては、見過ごすことができなかった。何もせず放置し、そのことが発覚したら、いつ首を飛ばされるかわからない」

海外駐在歴の長かった太永浩氏は、次男が日本のアニメやゲームにハマるなどしていたため、帰国後に不安を抱えていたとされる。つまり北朝鮮の外交官もまた、金正恩体制の恐怖の下で生きているということだ。

(参考記事:亡命した北朝鮮外交官、「ドラゴンボール」ファンの次男を待っていた「地獄」

しかし、金正恩氏の恐怖政治がどんなに激しくとも、北朝鮮の人々から「心の自由」を完全に奪うことは出来ない。このまま南北対話や米朝対話が進むなら、われわれは遠くない将来、そのことをより鮮明に見ることになるかもしれない。

(参考記事:金正恩センスの制服「ダサ過ぎ、人間の価値下げる」と北朝鮮の高校生

高英起(コウ・ヨンギ)

>>連載「高英起の無慈悲な編集長日誌」一覧

1966年、大阪生まれの在日コリアン2世。北朝鮮情報専門サイト「デイリーNKジャパン」編集長。北朝鮮問題を中心にフリージャーナリストとして週刊誌などで取材活動を続けながら、テレビやラジオのコメンテーターも務める。主な著作に 『脱北者が明かす北朝鮮』 『北朝鮮ポップスの世界』 (共著) 、 『金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔』 『コチェビよ、脱北の河を渡れ ―中朝国境滞在記―』 など。

脱北者が明かす北朝鮮 (別冊宝島 2516) 北朝鮮ポップスの世界 金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔 (宝島社新書) コチェビよ、脱北の河を渡れ―中朝国境滞在記