同紙は、日本は過去の旧態の泥沼の中にはまって朝鮮半島の現実、変わった世の中を見られずにいるとし、次のように暴いた。

なぜ、日本は朝鮮半島に漂っている和解と平和の雰囲気をそれほど妬んで悪らつに反対するのか。

侵略戦争に出られる準備を全て完了した日本に残ったのは、現行憲法を修正して法的名分を立てることだけである。

このような日本の前途に和解と平和の新時代が開かれれば、軍事大国化とアジア再侵略企図が水泡に帰するのは自明の理である。

それで、朝米対話が話題にのぼった初期から安倍一味が神経を尖らせて朝鮮半島で自分らが願わない変化が起こるのではないかといらいらしているのである。

賢明な者は、適時に生きる道を探すものである。---

    関連記事