集団的自力更生で経済的自立を成し遂げてこそ、発展途上国がすでに成し遂げた政治的独立を強固にし、自主権をしっかり守ることができる。

また、外部勢力の干渉策動に対処できる強力な自衛的国防力も築くことができる。

現時期、南南協力は多面的でありながらも幅広くて深みのあるものに行われている。

南南協力が自然発生的ではなく、地域的・大陸的機構を通じて目的意識的に行われているのが時代のすう勢となっている。

発展途上国が南南協力に切実な利害関係を持ってそれをより拡大し、発展させることを通じて共同で未来を切り開いているのは自主化の時代の流れに全的に合致する。---

    関連記事