北朝鮮国営の朝鮮中央通信は29日、中国の北朝鮮レストランから脱出し韓国に亡命した女性従業員12人を送還するよう韓国側に強く求める論評を配信した。

2016年4月に発生した女性従業員らの集団亡命を巡っては、韓国の朴槿恵政権(当時)の工作による「企画脱北」であったとの疑惑が提起されている。

(参考記事:女性従業員の集団脱北、韓国当局が誘導か…検察が捜査

論評は、「民族の和解と団結は決して、抽象的な概念ではない」として、南北対話維持のため、韓国側に具体的な行動を要求。「特に、過去の保守『政権』の時期に極悪非道な同族対決政策によって招かれた反人倫的・反人道的問題を解決することこそ、その先決条件だ」と明言した。

さらには「朴槿恵逆徒の反人倫的犯罪を庇護し、隠ぺいしようとするなら、それは積弊清算を願う南朝鮮民心に対する露骨な反逆であり、板門店宣言の履行に逆行する重大な犯罪行為である」と強調し、これまでのところ送還を拒否している韓国側に圧力をかけた。