同紙は、海外侵略に飛び込もうとする日本軍国主義者の試みはきわめて大きな危険性を内包しているとし、次のように暴いた。

すでに日本は、軍国主義国家としての面ぼうをほとんど備えた。

日本は、再侵略のための全ての準備を円滑に整えた状態である。

現行憲法だけが障害物として残っている。日本の執権者はなんとしても現行憲法を改正してそれに攻撃武力としての「自衛隊」の存在を明記し、再侵略の道に横たわっている法的障害物を取り除こうとしている。

    関連記事