トランプ米大統領は25日(日本時間)、来月12日にシンガポールで予定していた米朝首脳会談の開催を中止したことが「北朝鮮と世界にとって大きな後退になる」とツイートした。

(参考記事:会談中止で言ってることが支離滅裂…金正恩氏のメンタルは大丈夫か

トランプ氏はまた、これに先立ちホワイトハウスで開かれた法案の署名式で、北朝鮮の金正恩国務委員長(朝鮮労働党委員長)が「建設的な対話と行動に加わることを選択するなら待っている」などと述べ、将来、首脳会談を実現させる余地があることを示唆した。