トランプ米大統領は24日、6月12日に予定していた米朝首脳会談を中止すると表明した。トランプ氏が北朝鮮の金正恩党委員長に宛てた書簡を、ホワイトハウスが発表した。

書簡は、北朝鮮側が示した「怒りとあからさまな敵意」を理由に、「いまは適切でない。だからシンガポールでの会談は開かない」と述べている。

(参考記事:「米国との対話、哀願しない」北朝鮮外務次官が談話