北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は21日、「外部勢力への依存は亡国の道」であるとする署名入りの論説を掲げった。朝鮮中央通信が伝えた。

労働新聞は最近、同じような内容の論説を頻繁に掲げている。核兵器開発に対する国際社会の経済制裁が、容易に解けそうもないとの認識が背景にあると見られる。

論説は「社会経済的難関が生じ、帝国主義、支配主義者の圧力が強化されるほど、自力を固く信じて自立する考えをしなければならない」と指摘。

続けて「自分の力を信じて自力で全てのことを解決する自力更生こそ、百勝の武器である」などと述べた。