北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は19日、「自力更生は必勝不敗の革命精神」であると強調する論説を掲載した。朝鮮中央通信が伝えた。

論説は、北朝鮮が自力更生を重視したからこそ「近年、朝鮮の自主権と生存権、発展権を抹殺しようとする敵対勢力の経済封鎖策動の度合いが最大に高まった中でも、われわれは膨大な経済建設課題を成功裏に遂行することができた」と主張。

(参考記事:経済制裁が量産する、北朝鮮「巨大風俗街」の悲劇

続けて「われわれが自分の力を信じず、外部勢力の圧力に屈服して自力更生の原則を放棄したなら、チュチェの社会主義朝鮮は地球上に生まれなかったはずであり、世界の社会主義体制の崩壊と共にわれわれの国号も光を失ったはず」だと述べている。

論説には、核兵器開発に対する国際社会の経済制裁が今後しばらく持続するとの認識を示し、米韓との対話に甘い期待を持っていないことを強調する狙いがありそうだ。