北朝鮮祖国平和統一委員会の李善権(リ・ソングォン)委員長は17日、前日に無期限延期を通告した韓国との南北高位級会談について、「会談を中止させた重大な事態が解決されない限り、南朝鮮の現『政権』と再び対座することは容易に成されない」との立場を表明した。朝鮮中央通信の質問に答えた。

李氏は会談を中止した理由について、次のように述べた。

「最近、南朝鮮当局が一方では米国と結託して朝鮮の主要戦略的対象に対する精密打撃と制空権掌握を狙った極めて冒険的な『2018マックス・サンダー』連合空中戦闘訓練を強行し、他方では人間のくずを『国会』の場に立たせて朝鮮の最高の尊厳と体制を謗り、歴史的な板門店宣言を誹謗、中傷する劇を公然と演じた」

ここで言う「人間のくず」云々は、北朝鮮の駐英公使だった当時の2016年に韓国に亡命した太永浩(テ・ヨンホ)氏が14日、ソウルの国会議員会館で記者会見したことを指す。

李氏はまた、会談中止を受け遺憾の意を表明した韓国側の対応を「責任転嫁だ」と非難。「北南関係の方向は全的に南朝鮮当局の行動如何にかかっている」と主張した。

同通信の報道全文は次のとおり。

祖平統委員長が今後の北南関係の方向は南朝鮮当局の行動如何にかかっていると言明

【平壌5月17日発朝鮮中央通信】朝鮮祖国平和統一委員会(祖平統)の李善権委員長は、南朝鮮当局が予定されていた北南高位級会談が流された責任を朝鮮に転嫁してみようと鉄面皮な醜態を演じていることで17日、朝鮮中央通信社記者の質問に答えた。

李委員長は、最近、南朝鮮当局が一方では米国と結託して朝鮮の主要戦略的対象に対する精密打撃と制空権掌握を狙った極めて冒険的な「2018マックス・サンダー」連合空中戦闘訓練を強行し、他方では人間のくずを「国会」の場に立たせて朝鮮の最高の尊厳と体制を謗り、歴史的な板門店宣言を誹謗、中傷する劇を公然と演じたことについて指摘した。

これに関連して、朝鮮は南朝鮮当局が責任ある措置を講ずる時まで北南高位級会談を無期限延期する断固たる措置を取り、これについて16日、南側当局にも通告し、朝鮮中央通信社の報道でも公開したと明らかにした。

しかし、南朝鮮当局は朝鮮が取った措置の意味を深くかみしめて必要な収拾対策を講じる代わりに、現在まで途方もない「遺憾」と「催促」などをうんぬんして常識以下に振る舞っていると非難した。

李委員長は、南朝鮮当局のこの全ての対決騒動は過去、敵対と分裂を本業としていた保守「政権」の属性とあまりにも一脈相通ずるとし、次のように強調した。

この地に広げられた現実に対する初歩的な感覚も、向かい合った相手に対する具体的なイメージも、流れる大勢に対する現実的な判別力もない無知無能な集団がほかならぬ、現南朝鮮当局であることを今回はっきりと判断するようになった。

信義・信頼に欠け、無礼非道な人々と対座してはいつになっても国と民族の前途を開く新しい歴史を綴ることができないということは、過去の歴史が見せた教訓である。

われわれの立場は明白であり、不変である。

北南高位級会談を中止させた重大な事態が解決されない限り、南朝鮮の現「政権」と再び対座することは容易に成されないであろう。

南朝鮮当局は、鉄面皮な醜態で一貫した弁明と口実を並べ立てて途方もない責任転嫁に執着しながら時間を費やさず、現状況が挽回できない最悪の事態へ広がることについて頭を抱えて苦心してみる必要がある。

今後、北南関係の方向は全的に南朝鮮当局の行動如何にかかっている。---

    関連記事