人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

第一に、党中央委員会第7期第3回総会の決定に従って行われる北部核実験場の廃棄を透明性あるものに見せるために国内のメディア機関はもちろん、国際記者団の現地取材活動を許容する用意がある。

核実験場が狭小な点を考慮して国際記者団を中国、ロシア、米国、英国、南朝鮮から来る記者に限定させる。

第二に、国際記者団員の訪問および取材活動に関連して次のような実務的措置を講じるようになる。

1)全ての国際記者団員が北京―元山航路を利用できるように専用機を保障し、領空開放など必要な措置を講じるようになる。

2)国際記者団員のために元山に特別に準備された宿所を保障し、記者センターを設けて利用するようにする。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

3)元山から北部核実験場までの国際記者団員向けの特別專用列車を編成する。

    関連記事