人気記事:【写真】北朝鮮兵士が衝撃を受けた「水着美女」の悩殺写真

ヒョン・インテク統一部長官は27日「北朝鮮は非核化を撤回したが、我々の支援は取り返すことが出来ず、北朝鮮の第1〜2次核実験は高い対価だった」と明らかにした。

この日ソウル駅三洞のルネサンスホテルで開かれた世宗研究所の国家戦略フォーラムの昼食社で「これまで私たちは6者会談の非対称国「の限界を経験した」と話した。

「6者会談の成功は、単純な再開でない非可逆的な非核化プロセスに対する6者の一致した意見にかかっている。私たちは非核化に対する北朝鮮の政治的な決断を持続的に促す必要があり、これは韓国政府が提案したグランドバーゲンの要諦」と話した。

「天安艦が攻撃されて7ヶ月が過ぎたが、北朝鮮は一歩も歩み寄ってこない。。出口への鍵は問題の張本人である北朝鮮が持っている。北朝鮮は責任を外部世界に押し付け門を閉ざしている」と指摘した。

「一部では(朝鮮半島)情勢の変化の可能性を論じているが、北朝鮮は天安艦事件を軽視し人道問題にも消極的」とし、現在の南北関係の硬直化の原因が全面的に北朝鮮にあると批判した。

人気記事:【写真】北朝鮮兵士が衝撃を受けた「水着美女」の悩殺写真

「天安事件に対する北朝鮮の責任ある態度は、6者会談の再開にも肯定的な影響を及ぼす。(北朝鮮は)6者会談再開の立場を明らかにしているが、具体的な非核化の措置は見当たらない」と明らかにした。

    関連記事