北朝鮮外務省の報道官(スポークスマン)は6日、「朝鮮半島の非核化は制裁・圧迫の結果ではなく平和愛好的な意志によるもの」と主張すると共に、米国が「朝鮮半島情勢をまたもや緊張させようとしている」と主張した。同日、朝鮮中央通信記者が伝えた。

この報道官は、「米国はわれわれが核を完全に放棄する時まで制裁・圧迫を緩めないと露骨に唱えて朝鮮半島に戦略資産を引き込み、反朝鮮『人権』騒動に熱を上げる」と指摘し、北朝鮮の人権問題に言及するといった、米国による北朝鮮敵視政策が続いているという見解を示した。

さらに、「朝鮮半島情勢が平和と和解の方向へ進んでいる時、相手を意図的に刺激する行為は、ようやくもたらされた対話の雰囲気に水を差して、情勢を原点に逆戻りさせようとする危険な企図にしか見られない」と、5月末や6月初めとされる米朝首脳会談に向けた「けん制球」を、米国に向け投げ込んだ。