パワハラ疑惑の李明姫氏、暴行容疑で立件

韓国のソウル警察庁広域捜査隊は6日、趙亮鎬(チョ・ヤンホ)韓進グループ会長の夫人・李明姫(イ・ミョンヒ=69)氏を暴行などの疑いで書類送検したと明らかにした。

李氏は、自宅家政婦と会社従業員らに、日常的に暴言と暴行を働いた疑いを受けている。

先月19日には、李氏と推定される女性が2014年に、仁川ハイアットホテル新築造園工事の現場で、現場スタッフの腕を引っ張ったり、指を突き付けたりと、乱暴を働く様子を収めた動画が公開されている。

 警察はマスコミの報道を通じてこのような事実を確認し、先月23日に内偵に着手した。警察は最近、被害者数人の証言を確保し、正式な捜査に切り替えたと伝えられていた。

 警察関係者は「まだ李氏を召喚する段階ではない」とし「参考人調査を通じて容疑を具体化し、証拠を収集するための手順を踏む」と述べた。

【ソウル=ニューシス/Korea:チェ・テユン記者】chaideseul@newsis.com