脱北者団体「自由北韓運動連合」は4日、軍事境界線に近い烏頭山統一展望台(京畿道坡州市)の駐車場から、5日正午に北朝鮮に向けて金正恩体制を非難するビラを散布すると発表した。

4月27日の南北首脳会談で発表された板門店宣言では、韓国と北朝鮮の双方が軍事境界線一帯でのビラ散布など敵対行為を中止すると合意している。しかし、これは政府間の合意であり、「言論の自由」に当たる民間人の活動は制約を受けない。

それでも韓国当局は同団体に対し、活動の自粛を要請したが、受け入れられなかった。警察は「地元住民の安全確保」を理由に、ビラ散布を制止する方針であると伝えられる。