世界教会協議会などの代表らで構成されたキリスト教国際機構代表団が3日、平壌入りした。朝鮮中央通信が伝えた。

世界教会協議会は、分裂しているすべての教会をひとつにすることを目指す、いわゆる「教会一致運動(エキュメニズム)を推進している。スイスのジュネーヴを本拠地に、120か国以上から数百の教会と教派が参加している。

北朝鮮は、国内のキリスト教徒を弾圧してきたことで知られる。