韓国軍は1日から、南北首脳会談の合意を受け、軍事境界線付近で北朝鮮向け宣伝放送のため使用していた拡声器を撤去する。

韓国国防省は4月30日、「(南北会談で署名された)『板門店宣言』を受けた措置として、軍事境界線一帯の拡声器放送施設の撤去を始める」と発表。「5月1日から軍事境界線一帯で拡声器放送やビラ散布をはじめとするあらゆる敵対行為を中止し、その手段を取り除くとした板門店宣言を順守する行動の一環」と説明した。