北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は29日、「アメリカ式民主主義の荒唐無稽さを見抜くべきだ」とする署名入りの論説を掲載した。朝鮮中央通信が伝えた。

論説は、「人権と自由、民主主義について言う体面もない米国執権者らがそれについて引き続き熱心にけん伝するのは、アメリカ式民主主義を国際社会の『モデル』に宣伝することによって自分らの覇権野望を実現してみようとすることである」と指摘。

続けて「米国など西側に反対すれば独裁者、テロ組織に規定され、西側の打撃対象となる」としながら、「世界の進歩的人民は米国がけん伝する『民主主義』うんぬんの反動性と危険性を見抜いてそれに警戒心を持って対すべき」と主張した。

同通信の報道全文は次のとおり。

「労働新聞」 アメリカ式民主主義の荒唐無稽さを見抜くべきだ

【平壌4月29日発朝鮮中央通信】29日付の「労働新聞」は署名入りの論説で、米支配層はアメリカ式民主主義が世界の全ての国で通用されなければならない普遍性を持った民主主義だと唱えて、それを世界制覇戦略を実行するための手段に利用していると暴露、糾弾した。

同紙は、アメリカ式民主主義は自由と民主主義に対する人民大衆の志向と要求を無慈悲に踏みにじる最も反動的で反人民的な統治体制であり、侵略と干渉の道具であると暴いた。

また、人権と自由、民主主義について言う体面もない米国執権者らがそれについて引き続き熱心にけん伝するのは、アメリカ式民主主義を国際社会の「モデル」に宣伝することによって自分らの覇権野望を実現してみようとすることであると強調し、次のように指摘した。

米国は、親米分子を「民主主義闘士」におだてる。

米国など西側に反対すれば独裁者、テロ組織に規定され、西側の打撃対象となる。

これがまさに、米国が世界によく披露する荒唐無稽(こうとうむけい)な「民主主義守護」の真面目である。

米国は、自分らの気にさわる国々の政府に「自由」を抑圧するというレッテルを貼り付けて、反政府勢力を庇護(ひご)しながら内部撹乱(かくらん)をこととしている。

米国はまた、自分らの要求をよく受け入れないとか、気にさわる国々に対してはためらわずに武力干渉を加えている。

現実は、アメリカ式民主主義が他国の現実に合わないばかりか、また合うはずもないということ、各国は誰それの真似をするのではなく、自国の具体的環境と実情に合う政治方式を選択して自主的な道に進まなければならないということをはっきり示している。

世界の進歩的人民は米国がけん伝する「民主主義」うんぬんの反動性と危険性を見抜いてそれに警戒心を持って対すべきであろう。---

    関連記事