北朝鮮の非核化はもちろん重要だが、人権侵害はどうするのか――27日の南北首脳会談と、5月か6月に予定されている米朝首脳会談を前に、世界各国の北朝鮮ウォッチャーからこのような声が上がっている。

そんな中、米国務省は20日、世界各国の人権状況に関する2017年版の年次報告書を発表した。

同報告書は北朝鮮について、2017年2月にマレーシアで起きた金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏暗殺事件に触れ、「北朝鮮政府による恣意的で違法な殺人が多数、報告されている」と批判。さらに、北朝鮮の国民が拷問や強制労働など「報告書が扱うほぼ全ての項目で政府による甚だしい人権侵害に直面」していると指摘した。

同報告書は北朝鮮国民に対する人権侵害について、脱北者やNGOの報告をもとに、いくつかの事例に言及している。

たとえば、2013年8月、煽情的なビデオを撮影したとして芸術団メンバーらが処刑された件については、「対空砲で銃殺した後、死体を戦車で踏みつぶす残酷さを見せ、この場面を学生たちに公開した」と指摘している。

これは、大口径の機関銃で撃たれ原形をとどめない死体を、戦車で轢いて、完全に潰してしまったという意味だ。この件でどのような処刑方法が取られたかは諸説あるのだが、国務省はこの説を「信ぴょう性アリ」と見ているのだろうか。

(参考記事:美貌の女性らが主導…北朝鮮芸術家「ポルノ撮影」事件の真相

また、NGOによるアンケートの結果として、脱北者の64%が強制的に残忍な処刑場面を見せられたと言及。

(参考記事:機関銃でズタズタに…金正日氏に「口封じ」で殺された美人女優の悲劇

さらには北朝鮮には少なくとも182カ所、最大で490カ所の収容所および拘禁施設があり、そこではとくに女性収容者に対する絶え間ない性的虐待が行われているとしている。

(参考記事:北朝鮮、脱北者拘禁施設の過酷な実態…「女性収監者は裸で調査」「性暴行」「強制堕胎」も

サリバン国務長官代行は記者会見で「米国は、北朝鮮の核問題と同じレベルで人権問題も懸念しており、過去1、2年の間に、収容所内における虐待などの人権問題に取り組む委員会とNGOを支援してきた」と説明。そのうえで「北朝鮮の核問題を解決するために、人権問題への関与を縮小することはない」と強調した。

同報告書は、日本人拉致問題にも言及しており、これもまた、国際社会においては北朝鮮における人権問題の一部分としてとらえられているのだ。

南北首脳会談と米朝首脳会談をにらみ、日本政府からも、この報告書くらい強いメッセージが出た方が良いのではないだろうか。

高英起(コウ・ヨンギ)

>>連載「高英起の無慈悲な編集長日誌」一覧

1966年、大阪生まれの在日コリアン2世。北朝鮮情報専門サイト「デイリーNKジャパン」編集長。北朝鮮問題を中心にフリージャーナリストとして週刊誌などで取材活動を続けながら、テレビやラジオのコメンテーターも務める。主な著作に 『脱北者が明かす北朝鮮』 『北朝鮮ポップスの世界』 (共著) 、 『金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔』 『コチェビよ、脱北の河を渡れ ―中朝国境滞在記―』 など。

脱北者が明かす北朝鮮 (別冊宝島 2516) 北朝鮮ポップスの世界 金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔 (宝島社新書) コチェビよ、脱北の河を渡れ―中朝国境滞在記