韓国の文在寅大統領は24日午後、安倍晋三首相との電話会談を行った。その中で、南北首脳会談で拉致問題を取り上げるよう要請した安倍首相に対し「金正恩委員長との会談でも安倍首相の立場を伝え、日本人拉致問題の解決が北東アジアの平和構築に役立つことを話す」と答えた。

また、文大統領は「すでに機会があるたびに北側に拉致問題を提起している」とも語った。同日、韓国の青瓦台(大統領府)が明かしたところによると、この日の電話会談は午後4時から約40分間行われ、日韓首脳は互いの意見を交換した。

文大統領は、「終戦宣言は南北の対話だけで解決するものではなく、最小限、南北米の3者合意が行われてこそ成功する」として、「その条件を整えるよう米国と緊密に協力し、安倍首相とも協議していく」と見解を明かした。

続けて、「南北首脳会談の成功は、それに続く米朝首脳会談の成功はもちろん、日朝間の関係正常化にも大きく役立つ」とし、さらに「日朝間にある様々な問題を根本的に解決する契機になるだろう」と語った。

これに対し安倍首相は、「日朝間には核とミサイル、さらに拉致など様々な問題があるものの、南北首脳会談に続き米朝首脳会談が成功するならば、日朝間も自然に対話できるだろう」との見方を示した。

安倍首相はさらに、「南北・米朝両会談の成功は、核・ミサイル・拉致問題の解決を意味し、そうした場合、日朝間で『平壌宣言』に基づき過去清算と関係正常化を成し遂げられるだろう」と踏み込んだ認識を述べた。

文大統領はまた、27日の南北首脳会談後に安倍首相に電話をかけ、会談の結果を説明することを約束した。