韓国の千海成(チョン・ヘソン)統一省次官は23日、訪韓中のソーントン米国務次官補代行(東アジア・太平洋担当)と面談し、南北首脳会談や南北関係について意見を交わした。同日、統一省が明らかにした。

同省の発表によると、この席で千次官は、南北首脳会談では朝鮮半島の非核化、恒久的な平和定着、南北関係の発展と関連し包括的に議論する計画と説明した。

一方、米朝首脳会談の実務責任者でもあるソーントン次官補代行は、南北首脳会談の成功を願うともに、現在と同様に今後も米韓間の協議が円滑に進むよう、緊密に調整していくことを韓国側に求めた。

これに対し千次官は、「南北首脳会談に続き開催される米朝首脳会談が成功するよう米韓で緊密に協力していく」と強調した。