北朝鮮側が27日に南北首脳会談が開催される板門店で、携帯電話を使えるよう韓国側に協力を要請していたことが分かった。韓国はこれを受諾した。

韓国青瓦台(大統領府)関係者は20日、記者団に対し、「北側が先に(板門店の)共同警備区域(JSA)で携帯電話を使いたいとし、北側の通信車両を持ってくると伝えてきた」と明かした。

この関係者によると、韓国側は北朝鮮の要請を受け入れ、板門店で携帯電話が使用できるよう準備を進めているとのことだ。南北双方が通信車両を持ち込むことになるという。

JSAには携帯電話に電波を送る基地局がないため、南北共に携帯電話を原則的には使用できない。だが、大型車両に搭載された移動基地局を利用すれば、数万人が利用できる。