南北首脳会談を27日に控え、北朝鮮の非核化を話し合う米韓、日韓の高官級協議が開かれる。20日、韓国の連合ニュースが伝えた。 同ニュースが韓国外交消息筋を引用して報じたところによると、「6者協議の韓国首席代表を務める李度勲(イ・ドフン)外交部朝鮮半島平和交渉本部長は24日、ソウル市内でソーントン米国務次官補代行(東アジア・太平洋担当)と会談する」とのことだ。 北朝鮮の「完全で検証可能かつ不可逆的な核廃棄(CVID)」という目標を確認し、非核化のインセンティブとして北朝鮮に提供する体制保障措置などについて議論するとみられる 同ニュースはまた、「李本部長が23日に、やはり6者協議の日本首席代表を務める外務省の金杉憲治アジア大洋州局長と、ソウル市内で会談する」と伝えた。日米首脳会談の結果など、北朝鮮問題を巡る情報を交換する見通しだ。