北朝鮮の金正恩党委員長は17日、中国共産党中央委員会の宋濤対外連絡部長と面談した。金正恩氏が宋濤氏と14日にも面談している。また、金正恩氏は17日、北朝鮮での公演を終えた中国芸術団のための宴会を開いた。朝鮮中央通信が伝えた。

同通信の報道全文は次のとおり。

金正恩党委員長が中共対外連絡部長とまたもや談話

【平壌4月18日発朝鮮中央通信】朝鮮労働党委員長で朝鮮国務委員会委員長であるわが党と国家、軍隊の最高指導者金正恩同志が4月17日、中国共産党中央委員会の宋濤対外連絡部長にまたもや会って談話した。

金正恩委員長は、中国共産党中央委員会の宋濤対外連絡部長率する中国芸術団の朝鮮訪問が両国の党と政府の特別な関心と期待の中で成功裏に行われたことについて祝い、第31回4月の春親善芸術祭典を立派に飾ってくれた中国同志たちの努力を高く評価した。

そして、中国芸術団の今回の朝鮮訪問が立派な時期に行われて立派な結実をもたらした非常に立派な訪問であり、朝中両党、両国人民の間に存在する特別なきずなと相互尊敬の感情をより厚くし、朝中文化芸術交流の立派なモデルを創造したと述べた。

宋濤部長は、朝鮮人民が至る所で自分らを兄弟の親近感を持って最も熱烈に、そして盛大に歓迎したことについて感動深く述べ、今回の訪問を通じて中国党と中国人民に対する朝鮮党と朝鮮人民の格別で親切な情を熱く感じたと語った。

特に、金正恩委員長同志が自分らのために直接取った措置について再度深い謝意を表し、中国芸術団の今回の訪問成果は全的に朝中両党、両国の最高指導者同志たちの特別な親交関係と深い関心と配慮によって収められたものであると言及した。

金正恩委員長は、わが党中央は今後、朝中両党、両国間の政治的信頼をさらに増進させ、伝統的友好団結の基盤を土台に新時代の要求に即して朝中関係を新たな高い段階へと昇華、発展させるために引き続き努力していくと述べた。

そして、宋濤部長と各分野における交流と往来を活発にし、両党間の戦略的・戦術的協同もより強化していくためのいろいろな問題について深みのある意見を交わした。

また、宋濤部長が帰国すれば意義深い時期に芸術団を派遣してわが人民に大きな喜びを与えた朝鮮人民の最も立派な友人であり、最も親しい同志である習近平総書記同志と中国人民に送る温かいあいさつを必ず伝えてくれることを願うと頼んだ。

談話は、終始一貫同志的で、真摯で、友好の情あふれる雰囲気の中で行われた。---

金正恩党委員長が中共対外連絡部長と中国芸術団芸能人のために夕食会催す

【平壌4月18日発朝鮮中央通信】朝鮮労働党委員長で朝鮮国務委員会委員長であるわが党と国家、軍隊の最高指導者金正恩同志が、中国共産党中央委員会対外連絡部長と中国芸術団芸能人のために4月17日、夕食会を催した。

李雪主女史と、朝鮮労働党中央委員会政治局常務委員会委員で朝鮮国務委員会副委員長である崔龍海党副委員長、党中央委員会政治局委員である李洙墉党副委員長、党中央委員会政治局委員候補である金與正党第1副部長、党中央委員会の趙甬元、権赫奉、金炳鎬、金成男の各副部長をはじめ党中央委員会のメンバーとわが芸能人が参加した。

夕食会には、中国共産党中央委員会の宋濤対外連絡部長と李群文化観光部副部長、中国芸術団芸能人、そして李進軍駐朝中国大使が招待された。

金正恩委員長と李雪主女史は夕食会場の前で、宋濤部長をはじめ中国芸術団芸能人を迎えた。

真実な情を結んでより親しくなった中国の同志たちと共に行った夕食会は、親睦して和気あいあいとした雰囲気の中で行われた。

金正恩委員長と李雪主女史は夕食会の後、宋濤部長をはじめ中国の同志たちと温かい別れのあいさつを交わして熱く見送った。

金正恩委員長に、宋濤部長は中国芸術団の全てのメンバーを代表して平壌訪問期間、特別で破格的な歓待をしてくれたことに再度深甚なる謝意を表した。---

    関連記事