北朝鮮の金正恩党委員長が1日夜、李雪主(リ・ソルチュ)夫人と共に、平壌市内で開かれた韓国芸術団の公演を鑑賞したと伝えた。北朝鮮の最高指導者が韓国芸術団の公演を鑑賞するのは、これが初めてだ。

約2時間10分にわたって行われた公演には、韓国の国民的歌手であるチョー・ヨンピルさんをはじめ、ガールズグループのRed Velvet(レッドベルベット)、チェ・ジニさん、イ・ソニさん、ユン・ドヒョンさん、ペク・チヨンさん、Ali(アリ)さん、ジョンインさん、カン・サネさん、少女時代のソヒョンさん、ピアニストのキム・グァンミンさんら11組が出演した。

芸術団に遂行した韓国メディア共同取材団の報道によれば、金正恩氏は同日、公演出演陣に対して「私がレッドベルベットを見に来るかどうかに関心が多かったようだが、もともと明後日(3日夜の公演)に来る予定だったものを、日程を調整して今日来た」と語ったという。

【画像】韓流アイドルたちに会いに行った金正恩氏

たしかに、金正恩氏が韓流アイドルであるレッド・ベルベッドを見に行くかどうかは、関心の的となっていた。ただし、その理由はミーハー的な関心からばかりではない。

北朝鮮は刑法で、「退廃的な文化の搬入・流布罪」(183条)および「退廃的な行為を行った罪」(184条)なるものが定められている。いずれも「退廃的で色情的かつ醜悪な内容を反映した絵、写真、図書、歌、映画など」を取り締まりの対象としたもので、これらを外国から持ち込んだり、制作したり、あるいは観たり聞いたりした場合、最高で10年以下の労働鍛練刑(懲役)に処すとする内容だ。

そして、この法律がターゲットとしているものの筆頭が、ほかならぬ韓流コンテンツなのだ。実際、この法律に違反したと見なされたことで、悲惨な運命を辿ることになった北朝鮮国民は100人や200人ではない。

(参考記事:北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは…

北朝鮮当局がとくに目の敵にしているのは韓流ドラマ・映画のようだが、音楽ももちろん、取り締まりの対象になっている。

(参考記事:北朝鮮当局が厳戒「大学生らが薬物でキメて音楽と性びん乱」事件の真相

法治主義などほとんど存在せず、権力者がやりたい放題の北朝鮮において、最高指導者が韓流アイドルを国内に招き、その公演を見て、直接会いに行って記念写真を撮ったこと自体は、驚くほどのことではない。

しかし、この事実は間違いなく北朝鮮の人々、とくに若者たちには影響を与える。とくに、北朝鮮の社会主義経済がそこそこ機能していた時代も知らず、物心ついたときから市場経済の競争原理に触れてきた20代前半より若い世代は、体制に対する感謝の念などまるで持ち合わせておらず、自立心が旺盛だとも言われる。そんな若者らが心の内で「どうして金正恩は良くて、自分たちはダメなんだ!?」との思いを強めるのは避けられないだろう。

(参考記事:金正恩センスの制服「ダサ過ぎ、人間の価値下げる」と北朝鮮の高校生

そのような思いをより広範な人々が共有するに至ったとき、北朝鮮社会で何らかの変化が起きる可能性もある。果たして金正恩氏には、そのようなリスクに対する覚悟があるのだろうか。

高英起(コウ・ヨンギ)

>>連載「高英起の無慈悲な編集長日誌」一覧

1966年、大阪生まれの在日コリアン2世。北朝鮮情報専門サイト「デイリーNKジャパン」編集長。北朝鮮問題を中心にフリージャーナリストとして週刊誌などで取材活動を続けながら、テレビやラジオのコメンテーターも務める。主な著作に 『脱北者が明かす北朝鮮』 『北朝鮮ポップスの世界』 (共著) 、 『金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔』 『コチェビよ、脱北の河を渡れ ―中朝国境滞在記―』 など。

脱北者が明かす北朝鮮 (別冊宝島 2516) 北朝鮮ポップスの世界 金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔 (宝島社新書) コチェビよ、脱北の河を渡れ―中朝国境滞在記