人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

朝鮮人強制連行被害者・遺族協会の代弁人 過去清算は日本の法律的、道徳的義務、歴史的課題である

【平壌4月1日発朝鮮中央通信】朝鮮人強制連行被害者・遺族協会のスポークスマンは、日帝が犯罪的な「国家総動員法」を作り上げて公布した時から80年になったことで1日、談話を発表した。

スポークスマンは、海外侵略野望に浮ついた日本の反動支配層が戦争の拡大に必要な人的・物的資源を充当するために1938年4月1日、ファッショ的な「国家総動員法」を公布して朝鮮人民を過酷に弾圧したことに言及した。

日帝が数多くの朝鮮人を侵略戦争の弾除けに、強制労働と恥辱の性奴隷として連れていって苦痛と死を強要した非人間的蛮行は、人類史にその類のない天人共に激怒する特大型の人権蹂躙(じゅうりん)犯罪として絶対に許されないと明らかにした。

にもかかわらず、日本当局と右翼反動層は朝鮮人を強制連行した事実はなかったし、それが当時としては「合法的」であったという破廉恥な詭弁(きべん)を並べ立てて美化粉飾とわい曲ねつ造で一貫した歴史教科書を教育現場に押し付けていると糾弾した。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

    関連記事