北朝鮮の金正恩党委員長が中国を訪問した際、北朝鮮から専用車のベンツを持ち込んだと韓国の聯合ニュースが報じた。金正恩氏が普段乗っている専用車両だとしたら、このベンツにはある「秘密」が隠されているかもしれない。

金正恩氏の「トイレ問題」

聯合ニュースによると、金正恩氏が中国で乗ったベンツは、ナンバープレートがないベンツSクラスで、普段北朝鮮国内で乗っている防弾仕様の同一の車両とみられるという。

専用車両を持ち込んだ理由として、「最高指導者が移動する際には、専用ベンツであるべき」という金正恩氏のプライドがあるのかもしれない。そもそも金正恩氏はクルマにはひときわコダワリをもっている。平壌市民の間でも、金正恩氏のクルマ好きは知られており、「夜中にこっそり専用ベンツに乗って平壌市内をドライブしている」という噂まであるほどだ。

(参考記事:「金正恩氏は深夜の走り屋」説はどうやら本当だった!

さらに、金正恩氏は専用ベンツに乗らなければならない理由がある。それはトイレ問題に関わることだ。

金正恩氏が北朝鮮国内を移動する際、最高水準のセキュリティで守られていることは言うまでもない。最も警備上の問題となるのがトイレ問題。外部のトイレを使うことは絶対にありえず、専用車両にある代用品を設置しているというのだ。

(参考記事:金正恩氏が一般人と同じトイレを使えない訳 )

金正恩氏が訪中するとなれば、北朝鮮国内以上に身辺警護に神経を遣う必要があるだけに、トイレ付きのベンツを持ち込んだとしても決しておかしくはない。

今回、捕捉されたベンツの横には、金色の国章がついている。金正恩氏の実妹である金与正(キム・ヨジョン)氏が2月に訪韓して、韓国の文在寅大統領に手渡した親書が収められたファイルに同様の国章があることから、やはり金正恩氏専用ベンツと見て間違いないようだ。

トイレ問題だけでなく、金正恩氏は中国に持ち込むほど専用ベンツに愛着を持っているのだろう。最高指導者になる前の2010年初め頃には、高速道路で追い越され、ブチ切れたという噂もある。この時は愛車のメルセデスベンツS600を運転していたという。中国に持ち込んだSシリーズの専用ベンツと同一の車両なのか気になるところだ。

(参考記事:北朝鮮の高速道路で「金正恩氏の愛車」に道を譲らないとどうなるか

金正恩氏が、夜な夜な平壌市内をドライブしているのは、日頃の執務のストレスを発散させるためかもしれない。ただし、せっかく専用ベンツを持ち込んだにもかかわらず、さすがに北京市内で走り屋をするわけにはいかなかったようだ。

高英起(コウ・ヨンギ)

1966年、大阪生まれの在日コリアン2世。北朝鮮情報専門サイト「デイリーNKジャパン」編集長。北朝鮮問題を中心にフリージャーナリストとして週刊誌などで取材活動を続けながら、テレビやラジオのコメンテーターも務める。主な著作に 『脱北者が明かす北朝鮮』 『北朝鮮ポップスの世界』 (共著) 、 『金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔』 『コチェビよ、脱北の河を渡れ ―中朝国境滞在記―』 など。

脱北者が明かす北朝鮮 (別冊宝島 2516) 北朝鮮ポップスの世界 金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔 (宝島社新書) コチェビよ、脱北の河を渡れ―中朝国境滞在記

    関連記事