北朝鮮国営の朝鮮中央通信は29日、南北首脳会談に向けた高位級会談が同日、板門店(パンムンジョム)で行われ、共同報道文が採択されたことを伝えた。

ただ、共同報道文の中身については「北南首脳の対面の時期と場所が明らかにされており、その準備のための複数の実務会談を行うことで合意したことについてと、その他の提起される問題は文書交換方式で協議するという内容が記されている」とするのみで、首脳会談の日時や場所の詳細には言及していない。

金正恩党委員長と文在寅大統領との首脳会談は4月27日、板門店の韓国側施設「平和の家」で開催されることが決まっている。

同通信の報道全文は次のとおり。

北南首脳の対面のための高位級会談

【平壌3月29日発朝鮮中央通信】民族の和解と団結の熱気が日ごとに高まっている中、北南首脳の対面のための高位級会談が29日、板門店の統一閣で行われた。

会談には、朝鮮祖国平和統一委員会(祖平統)の李善権委員長を団長とするわが方(北側)の代表団と趙明均統一部長官を首席代表とする南側代表団が参加した。

会談で双方は、北南首脳の対面に関する実務的な問題について真摯(しんし)に協議し、共同報道文を採択した。

共同報道文には、北南首脳の対面の時期と場所が明らかにされており、その準備のための複数の実務会談を行うことで合意したことについてと、その他の提起される問題は文書交換方式で協議するという内容が記されている。---

    関連記事