韓国の趙明均(チョ・ミョンギュン)統一相は23日、忠清南道(チュンチョンナムド)鶏龍(ケリョン)市にある空軍本部で行われた、韓国軍の士官を対象とした講演の中で「(南北首脳会談が)今後、大統領の任期中に複数回開催されるかもしれない」と語った。

趙長官はこの日、南北関係について「まだ始まりに過ぎない」との慎重な見方を示す一方、南北首脳会談の議題について「南北関係だけでなく、究極の目標である北朝鮮の核問題と朝鮮半島非核化の問題も解決する方向に結果が出るよう、準備を進めている」と明かした。

また、北朝鮮が態度を変化させた背景について、「(北朝鮮が)平昌冬季五輪に合わせ大規模な代表団を派遣した際、代表団に接する(韓国側の)姿を見て、韓国を頼りつつ米国と問題を解決できると考えたようだ」との見方を示した。