帝国主義者は、自分らの貪欲を満たすために世界の至る所で主権国家に対する軍事的干渉と侵略行為を絶えず働いている。

侵略と支配は、団結の力の前では無力になる。

それゆえ、帝国主義者は分裂・離間政策を実施する。

他国に対する侵略と支配、隷属を容易く実現するためである。

同紙は、広い包容力と度量で自主を志向し、正義を愛する全ての国、民族と思想と制度の差にこだわらず団結し、協力していくのは朝鮮の一貫した立場であると明らかにした。

また、国際的連携の強化は自主性に対する共通の志向に基づいて反帝・自主のための闘争で共同歩調を取るようにし、互いに励ますことで、その威力を強化できるようにすると強調した。---

    関連記事