韓国の鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長、米国のマクマスター国家安全保障担当大統領補佐官、日本の谷内正太郎国家安全保障局長は今月17日と18日(現地時間)、米サンフランシスコで会合を持った。19日、韓国青瓦台(大統領府)が明らかにした。

会合は朝鮮半島の完全な非核化と南北首脳会談(4月末に予定)、米朝首脳会談(5月内に予定)開催などを主題に行われ、「過去の失敗を繰り返さないことが重要との見解で一致し、今後数週間、引き続き緊密に連携することにした」という。

また、韓国メディアによると、この協議について青瓦台関係者は「主に韓米2国間で集中的な協議が行われ、(韓国大統領が派遣した)訪朝特使団の中国、日本、ロシアとの協議結果を共有した」と説明している。

この関係者はさらに、「韓米は両会談の成功が、朝鮮半島だけでなく北東アジアの平和と安定に大変重要だという認識を共にし、両国間の緊密な連携策に関し踏み込んだ協議を行った」と明かしている。