しかし、帝国主義者は「人権裁判官」のように振る舞って人権を政治化し、進歩的な国々を選択的に指名攻撃し、圧迫している。

これは、対決を激化させ、世界的な人権保護努力に否定的な影響を与えている。

帝国主義者がこの地球上に残っている限り、人権は自ずと保障されない。

真の人権を守るためには、なにがなんと言っても力が強くなければならない。

力がなければ強者の翻弄物になって人権を否定する者らに立ち向かって闘うことができず、真の人権を守ることができない。

帝国主義者が「人権擁護」の看板を掲げてさまざまな権謀術数をめぐらし尽くしているが、彼らの「人権」騒動の欺まん性と侵略性は何をもってしても覆い隠すことができない。---

    関連記事