韓国と北朝鮮は4月末、板門店(パンムンジョム)の韓国側施設「平和の家」で南北首脳会談を開催することで合意した。

米韓合同軍事演習にも理解示す

文在寅大統領の特使団団長として5日から訪朝し、金正恩党委員長と会談した青瓦台(大統領府)の鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長(閣僚級)が6日夜、文大統領への報告に続いて行った記者会見で発表した。実現すれば、南北首脳会談は2000年6月と2007年10月に続き、3回目となる。

発表によると、南北は軍事的な緊張緩和と緊密な協議のために首脳間のホットラインを設置することにし、第3回南北首脳会談の前に初の通話を実施することで合意した。

鄭氏によれば、金正恩氏は、対話が続いている間はさらなる核実験や弾道ミサイルの試験発射など戦略的な挑発を再開しないことを明確にした。

金正恩氏はさらに、朝鮮半島の非核化は金日成主席と金正日総書記の遺訓であるとして非核化に対する意志を明確にしたほか、北に対する軍事的な脅威が解消され、北の体制の維持が保証されるのであれば、核を保有する理由がないとの考えを示したという。

また、金正恩氏は「非核化問題の協議や北米(米朝)関係正常化のために米国と虚心坦壊(たんかい)に対話する用意があると表明した」と明らかにした。

鄭氏はまた、「これとともに北側は核兵器はもちろん、通常兵器も南側に対して使用しないことを確約した」と伝えた。

一方、北朝鮮が強く反対してきた米韓合同軍事演習について金正恩氏は、4月に例年どおりの規模で実施されることに理解を示したという。