朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

朝鮮外務省代弁人 朝米対話問題に言及

【平壌3月3日発朝鮮中央通信】朝鮮外務省のスポークスマンは、われわれの朝米対話意思闡明(せんめい)以後、現れている米国の動向に関連して3日、朝鮮中央通信社記者の質問に次のように答えた。

最近、米国が朝米対話問題に関連して適切な条件がそろわなければ対話しないだの、核兵器とミサイルを放棄する意志があるかを見守るだの、何のと繰言を並べて生意気に振舞っている。

われわれの急速な核戦力強化にびっくり仰天して対話の門を引き続き叩いてきた米国がしらを切っていろいろな前提条件を持ち出すことにも満足せず、対話をしても核放棄のための対話をするであろうし、「最大の圧迫」は非核化が永久に実現される時まで続くであろうと言うのは笑止千万である。

    関連記事