韓国在住の脱北者が送る外貨、いわば「仕送り」に頼る北朝鮮庶民は少なくない。仕送りは送金ブローカーによって北朝鮮の家族の元に届けられる。無慈悲な捜査方法で恐れられている北朝鮮の秘密警察・国家保衛省(以下、保衛省)が、この仕送りに目をつけた。

女子大生を拷問

デイリーNKの内部情報筋によると、北朝鮮北部の咸鏡北道(ハムギョンブクト)をはじめとする中朝国境地域の都市で、保衛省の要員(以下、保衛員)らが送金ブローカーを脅迫して、仕送りの一部を強奪しているというのだ。保衛省は秘密警察として治安を維持する任務を負っているが、経済難ゆえにまともな予算が割り当てられておらず、自分たちで運営費を稼がなければならない。それだけでなく、国家に上納金を納める義務も負っている。

これこそが、保衛員が時には拷問で顔面を串刺しするほどの比類なき暴力性で、北朝鮮の富裕層や一般庶民、商売人から収奪する理由だ。

(参考記事:口に砂利を詰め顔面を串刺し…金正恩「拷問部隊」の恐喝ビジネス

金儲けのための恐喝だけでなく、治安維持のための捜査においては残虐な拷問も厭わない。その残虐性は、韓流ビデオのファイルを保有していたという容疑だけで、女子大生を拷問し悲惨な末路に追い込むほどだ。

(参考記事:北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは…

情報筋によると、保衛省は送金ブローカーらの動向を把握している。ブローカーのビジネスは違法であり、その弱みを突いて、「取り締まりをしない代わりに送金手数料をわけてくれ」と露骨に要求する。送金ブローカーを急襲して全額を没収するやり方から、より安全な方法で金を巻き上げようとしているとのことだ。

以前は韓国の脱北者が100万ウォンを送金すれば、北朝鮮の家族は約70万ウォンを受け取ることができた。しかし、最近では50万ウォンしか受け取ることができないという。

あこぎなやり口で金を奪い取ろうとする保衛員に対する住民の不満は高まっている。そのせいか、この数年間、保衛員らへの報復殺人が度々起きている。

(関連記事:妻子まで惨殺の悲劇も…北朝鮮で警察官への「報復」相次ぐ

金正恩党委員長も、保衛員の横暴ぶりやそれを動機とした報復殺人が起きていることに問題意識をもっているのか、「捜索令状なしに家宅捜索をするな」などの指示を出したとも伝えられている。しかし、北朝鮮独裁体制は保衛省をはじめとする治安機関の強引な統治に頼り、長年維持されてきた。金正恩氏が少しばかり諫めたとしても、保衛省がその姿勢を抜本的に正すことはないだろう。

高英起(コウ・ヨンギ)

>>連載「高英起の無慈悲な編集長日誌」一覧

1966年、大阪生まれの在日コリアン2世。北朝鮮情報専門サイト「デイリーNKジャパン」編集長。北朝鮮問題を中心にフリージャーナリストとして週刊誌などで取材活動を続けながら、テレビやラジオのコメンテーターも務める。主な著作に 『脱北者が明かす北朝鮮』 『北朝鮮ポップスの世界』 (共著) 、 『金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔』 『コチェビよ、脱北の河を渡れ ―中朝国境滞在記―』 など。

脱北者が明かす北朝鮮 (別冊宝島 2516) 北朝鮮ポップスの世界 金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔 (宝島社新書) コチェビよ、脱北の河を渡れ―中朝国境滞在記