北朝鮮国営の朝鮮中央通信は26日、日本の安倍政権が「われわれの『脅威』にかこつけて、日本社会に恐怖の雰囲気を醸成している」と非難する論評を配信した。

論評は、「長距離ミサイルの導入」や「危機管理対応指針書の学校での利用」など、日本で日本で行われている安全保障関連の議論に言及。また、国際政治学者・三浦瑠麗氏の「スリーパーセル」発言について、次のように指摘している。

「安倍一味は国際政治学者ミウラをはじめ保守専門家らを推し立てて、北朝鮮の『暗殺部隊』が東京や大阪に隠れているかも知れない、朝米間に戦争が起きる場合、日本の大都市がこのようなテロの目標になるという世論を流すと共に、反総聯(朝鮮総聯)弾圧をよりヒステリックに強行している」

論評は続けて、「安倍一味」を「日本の反動層」と位置づけ、「朝鮮半島に和解と平和の気流が流れることを一番快く思わない存在」だとした。

その上で、「日本の反動層こそ、われわれの千年来の敵であり、日本社会の不幸の禍根であり、アジアと世界平和の敵である」とし、「日本はわれわれ(北朝鮮)の戦略的地位と大勢の流れを直視し、災いを自ら請う愚かな妄動を止めるべきである」と結んだ。