また、「わが民族に核惨禍を浴せかけ、われわれの神聖な領土をわが人民の血で染めようとする米国の凶悪非道な侵略戦争、核戦争演習である」と指摘した。

さらに、「米国が南朝鮮のかいらいと合同軍事演習を再開すれば、わが千万の軍民はそれに断固と対処していくであろう」と強調した。

内閣機関紙・民主朝鮮は、演習を再開すれば「朝鮮の千万軍民は断固たる超強硬対応措置を取ることによって平和と統一の極悪な敵、米国の頭上に鉄槌を下すであろう」と警告した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

    関連記事