北朝鮮の対韓国宣伝団体である朝鮮平和擁護全国民族委員会(平和擁護委)のスポークスマンは22日、日本と米国を非難する談話を発表した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

日米両国は16日から「共同統合防空・ミサイル防衛訓練」を行っている。23日まで行われる予定だ。弾道ミサイルへの対処や防空戦闘に関するシミュレーション訓練を実施し、日米共同対処能力などの維持・向上を図ることが目的だ。

談話は訓練に対して、「北南関係の改善と朝鮮半島の平和雰囲気を壊そうとする横暴非道なごろつき行為、戦争の導火線に火をつけるための危険極まりない軍事的挑発」と指摘した。