北朝鮮の内閣機関紙・民主朝鮮は21日、竹島(独島)問題をめぐり日本と韓国を非難する署名入りの論評を掲載した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

論評は、竹島が描かれた統一旗を使用するのは「誰も侵害することのできない朝鮮民族の自主的権利」であると主張した。

国際オリンピック委員会(IOC)は、政治的紛争を避けるために統一旗に竹島を載せない方針を決定し、韓国政府もこれに従った。

こうした動きに対して論評は、「IOCがわれわれの原則的要求にあくまでも顔を背けたのはその背後で悪らつに策動した日本反動層のためである」と指摘した。