北朝鮮の内閣機関紙・民主朝鮮は20日、米韓合同軍事演習の実施を求める日米両政府や韓国の保守勢力を非難する署名入りの論評を掲載した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

米海軍は6日、北朝鮮に対する圧力強化を図ることを狙い、イージス艦2隻を極東に向けて派遣した。また、日本の安倍晋三首相は9日、韓国の平昌(ピョンチャン)で開かれた日韓首脳会談で、「米韓合同軍事演習を延期する段階ではない。演習は予定通り進めることが重要だ」と述べた。韓国の保守勢力も演習を実施すべきと主張している。

こうした動きに対して論評は、「朝鮮半島情勢の流れに遮断棒を下ろしてまたもや緊張を激化させてみようとする腹黒い下心の発露として絶対に黙過できない」と非難した。