また、「今、内外から窮地に追い込まれたトランプ一味は朝鮮半島でなんとしても戦争の火ぶたを切ることによって活路を開いてみようとしている」と述べた。

さらに、「わが軍隊と人民は、米国の無分別な軍事的選択が決して生存の活路ではないということを断固かつ無慈悲な懲罰で教える力と意志に充満している」と強調した。

その上で、「米国があえてわれわれに戦争をしかける場合、遺言状を保管してくれる者も、葬ってくれる者もいなくなるというのがわれわれの答えである」と警告した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

    関連記事