北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は18日、韓国で行われている平昌(ピョンチャン)冬季五輪に合わせて同国を訪れた日本の安倍晋三首相を非難する署名入りの論評を掲載した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

安倍氏は9日に訪韓して平昌冬季五輪の開会式に出席。文在寅大統領主催のレセプション会場では、北朝鮮の金永南(キム・ヨンナム)最高人民会議常任委員長と握手し、言葉を交わした。日本の外務省によると、安倍氏は金氏に拉致問題と核・ミサイル問題について早期解決を求めた。

論評は、安倍氏が韓国滞在中に「自分の卑屈かつ稚拙な根性を余地なくさらけ出して世人の嘲笑の種になった」と指摘した。