北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は18日、韓国で行われている平昌(ピョンチャン)冬季五輪に合わせて同国を訪れた日本の安倍晋三首相を非難する署名入りの論評を掲載した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

安倍氏は9日に訪韓して平昌冬季五輪の開会式に出席。文在寅大統領主催のレセプション会場では、北朝鮮の金永南(キム・ヨンナム)最高人民会議常任委員長と握手し、言葉を交わした。日本の外務省によると、安倍氏は金氏に拉致問題と核・ミサイル問題について早期解決を求めた。

論評は、安倍氏が韓国滞在中に「自分の卑屈かつ稚拙な根性を余地なくさらけ出して世人の嘲笑の種になった」と指摘した。

また、「北と南が互いに和合することに極度に不安を覚えて玄海灘をあたふたと渡って同族間にようやく醸成された和解の雰囲気に水を差すとのさばったのだから、本当に憎たらしい招かざる客だと言わざるを得ない」と非難した。

さらに、「熱く熱した軍国主義熱を冷やし、深く考えてみなければならない」とし、「あちこちにお金をばら撒いてみてもなぜ与えられるものは冷遇と排斥だけなのかを深く反省してみなければならない」と述べた。

その上で、「われわれの国家核戦力完成の歴史的大業成就とともにアジア太平洋地域の戦略地形が根本的に変わったことに合わせて日本列島の真の安全を保証する道がどこにあるのかに対しても深く模索すべきである」と忠告した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

「労働新聞」 オリンピック参加の名目で南朝鮮を訪問した安倍を嘲笑

【平壌2月18日発朝鮮中央通信】18日付の「労働新聞」は署名入りの論評で、第23回冬季オリンピック開幕式参加の名目で南朝鮮を訪問した日本の首相安倍が1泊2日間に自分の卑屈かつ稚拙な根性を余地なくさらけ出して世人の嘲笑(ちょうしょう)の種になったとした。

同紙は、安倍が罪多き過去に対していささかの謝罪と賠償どころか、むしろ北と南が互いに和合することに極度に不安を覚えて玄海灘をあたふたと渡って同族間にようやく醸成された和解の雰囲気に水を差すとのさばったのだから、本当に憎たらしい招かざる客だと言わざるを得ないとし、次のように強調した。

安倍一味がいくら朝鮮半島の平和の雰囲気が針のむしろに座ったかのように不安をそそると騒ぎ立てても、大勢の波は島国の政治拙夫をあざ笑って自分の方向に流れていくであろう。

今回、祝い事にまき散らす灰を一包み持って来たが、無駄骨を折ってがっくりし、帰国した安倍はそれぐらいで自重し、朝鮮半島から響き渡る平和のかん声をはっきり聞き入れなければならない。

熱く熱した軍国主義熱を冷やし、深く考えてみなければならない。

なぜ、全世界が安倍自身をはじめ日本の政客を見て政治いびつだというのか、なぜ歳月が流れても朝鮮民族の心の中で日本に対する恨みの炎が消えないのか、あちこちにお金をばら撒いてみてもなぜ与えられるものは冷遇と排斥だけなのかを深く反省してみなければならない。

愚かな再侵略野望に浮ついている気を引き締めて、われわれの国家核戦力完成の歴史的大業成就とともにアジア太平洋地域の戦略地形が根本的に変わったことに合わせて日本列島の真の安全を保証する道がどこにあるのかに対しても深く模索すべきである。

反省と覚醒(かくせい)は、早くするほどよいものである。---

    関連記事