北朝鮮の祖国統一研究院は14日、米国が南北関係の改善と朝鮮半島の統一を妨害してきたと非難する告発状を発表した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

告発状は、米国が「破廉恥な干渉と露骨な強迫で朝鮮民族の和解と団結、統一志向を無残に踏みにじってきた」とし、「トランプの執権以降、極に達している」と指摘した。

一方、文在寅政権を「民主改革勢力」とするなど、南北対話が進む中、韓国への配慮を示した。米国への非難を強調することによって米韓関係にくさびを打つ意図があると見られる。