北朝鮮の祖国統一研究院は14日、米国が南北関係の改善と朝鮮半島の統一を妨害してきたと非難する告発状を発表した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

告発状は、米国が「破廉恥な干渉と露骨な強迫で朝鮮民族の和解と団結、統一志向を無残に踏みにじってきた」とし、「トランプの執権以降、極に達している」と指摘した。

一方、文在寅政権を「民主改革勢力」とするなど、南北対話が進む中、韓国への配慮を示した。米国への非難を強調することによって米韓関係にくさびを打つ意図があると見られる。

告訴状は、昨年実施された米韓合同軍事演習「キー・リゾルブ」「フォール・イーグル」に対して「兵力と規模、強度と期間において前例のないものであった」とし、トランプ米大統領が「国連舞台にまで出て数千万の朝鮮人民を絶滅させるとはばかることなく言いふらした」と非難した。

さらに、米国は韓国のNGO「北人権市民連合」「北韓民主化ネットワーク」や脱北者を利用して、「反朝鮮謀略策動に血眼になって狂奔している」と述べた。

その上で、「米国の天人共に激怒する歴史的犯罪は、米国こそ朝鮮民族の不倶戴天の敵、平和と統一の最大の障害物であることを全世界に告発している」とし、「北南関係の改善とわが祖国の統一を悪らつに妨害し、阻む時代錯誤的かつ反人倫的な犯罪的策動を直ちに中止すべきである」と忠告した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

祖国統一研究院が北南関係の改善と朝鮮半島の平和と統一を妨害してきた米国の歴史的罪悪と凶悪な正体を暴露

【平壌2月14日発朝鮮中央通信】祖国統一研究院は14日、北南関係の改善と朝鮮半島の平和と統一を各方面から妨害してきた米国の歴史的罪悪と凶悪な正体を暴露する告発状を発表した。

告発状は、米国が南朝鮮を占領した初日から破廉恥な干渉と露骨な強迫で朝鮮民族の和解と団結、統一志向を無残に踏みにじってきたことについて資料を挙げて暴いた。

また、北南関係の改善と統一を阻もうとする米国の破廉恥な干渉と露骨な強迫策動はトランプの執権以降、極に達しているとし、それについて明らかにした。

親米・事大と同族対決をこととしていた朴槿恵が青瓦台から追い出され、南朝鮮で民主改革勢力が「政権」を執ることになると、トランプは急いで「北の問題を断固と扱う」「南北首脳会談は特異な状況でのみ可能だ」「対話のための対話は駄目だ」と言い散らして念を押した。

米国務長官ティラーソン、米国防長官マティス、ホワイトハウス国家安保補佐官マクマスターなど、高位当局者らが次々とソウルを訪問して「北が核廃棄意志を先に示すのが急務だ」と言い、南朝鮮当局に下手に北南関係の改善に乗り出すなと念を押す劇を演じた。

われわれの主動的な措置と誠意ある努力によって、今年に入って北南関係で劇的な和解の局面がもたらされると、トランプは内外世論の目を恐れて「北南対話を100%支持する」と言って、振り返っては「最高の水準の対北圧迫政策を持続する」と唱えて部下を駆り出して南朝鮮当局に圧を加えるようにしている。

告発状は、米国が絶え間ない武力増強とヒステリックな北侵戦争騒動で朝鮮半島情勢を極度に激化させて北南関係の改善と祖国の統一に重大な障害をきたしてきたことについて暴露した。

昨年、数十万人の侵略武力とまる一つの戦争を行っても余る膨大な戦略資産と米軍特殊武力まで動員しておおよそ2カ月間も強行した「キー・リゾルブ」「フォール・イーグル」合同軍事演習は、兵力と規模、強度と期間において前例のないものであった。

トランプは、「炎と憤怒」だの、「暴風前の静寂」だのという戦争暴言をやたらに吐いたあげく、国連舞台にまで出て数千万の朝鮮人民を絶滅させるとはばかることなく言いふらした。

トランプ一味は、今年に入って北南間に劇的な和解の雰囲気が醸成され、南朝鮮で冬季オリンピックが開催されることになると、やむを得ず延期した「キー・リゾルブ」「フォール・イーグル」合同軍事演習をオリンピックが終わった後、即時再開すると意地悪く振る舞った。

告発状は、米国が朝鮮に対する悪らつな謀略騒動と制裁、圧迫で北南間の和解と協力、交流を遮断する卑劣な策動にしつこく執着してきたことについて暴いた。

米国は、南朝鮮で保守一味が執権した過去の9年間、北南対決を極大化するために「北人権市民連合」「北韓民主化ネットワーク」のような反朝鮮謀略団体を大々的に組織し、それに莫大な資金をつぎ込んだ。

現米大統領のトランプもやはり執権後、「北の核問題解決」を大言して無分別に振る舞っていて、それに対応したわれわれの自衛的核戦力強化措置によって恥だけをどっさりかくようになると、すでに駄目になった「北の人権問題」を取り上げてわれわれを「人権蹂躙(じゅうりん)国」に罵倒(ばとう)し、「脱北者」のくずまで抱えて反朝鮮謀略策動に血眼になって狂奔している。

米国は歴代、「敵性国貿易法」「輸出管理法」「対外援助法」「輸出入銀行法」など、各種の法案を作り上げて朝鮮に対する前代未聞の経済制裁を加える一方、南朝鮮のかいらいをはじめ追随勢力がわれわれとの経済協力事業に乗り出せないように封鎖してきた。

今年も、米国は年頭から「北が核とミサイルを放棄する時まで最大の圧迫を緩めてはならない」と言って、われわれの冬季オリンピック参加保障のために南朝鮮当局が推し進める実務的問題を国連の「制裁決議」と自分らの「独自制裁」事項にかけてことごとく意地悪く振る舞っている。

告発状は、長々70余年間もわが祖国の半分の領土を占領してあらゆる強権と専横、破廉恥な干渉策動をこととして、北南関係の改善と祖国の統一を願うわが同胞の志向と念願を無残に踏みにじり、抹殺してきた米国の天人共に激怒する歴史的犯罪は、米国こそ朝鮮民族の不倶戴天の敵、平和と統一の最大の障害物であることを全世界に告発していると指摘した。

また、米国は日増しに強烈になっている朝鮮民族の統一志向と意志を直視して北南関係の改善とわが祖国の統一を悪らつに妨害し、阻む時代錯誤的かつ反人倫的な犯罪的策動を直ちに中止すべきであると強調した。---

    関連記事