北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は12日、日本は「朝鮮半島に緊張激化の非常事態をもたらす張本人」とする署名入りの論評を配信した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

日本政府は、北朝鮮による韓国の平昌(ピョンチャン)冬季五輪を狙ったミサイル攻撃などがあった場合の日本人観光客らの避難を想定して、五輪会場周辺のシェルターを調査していた。また、国会では衆院議員(定数465人)が出席する本会議の際にJアラートを作動させ、避難訓練を行う計画を立てている。

こうした動きに対して論評は、「朝鮮半島で情勢激化の火種を復活させようと消えている対決の灰の山を必死になってつつくずる賢い島国一族のヒステリックな発作だ」と指摘した。